知的財産部

東京大学 知的財産部長
 小蒲哲夫知的財産ポリシーに謳われているように、東京大学内の研究活動によって得られた知的創作物が知的財産権として保護されるべきものと判断された場合、その普及を促進させ、社会に貢献することにより、結果として得られた資金を新たな研究活動に還元するシステムを構築し、継続的に利用することが適切です。
これを実現するために、知的財産部は東京大学TLOや生産技術研究奨励会との緊密な連携のもと、知的財産の承継・権利化、産業界へのライセンス等による活用とライセンス収入の学内への還元及び、そのための知的財産関連規則の整備等を行っています。また、共同研究推進、知的財産の権利化・保護の観点から、学外の顧問法律事務所等と提携し、各種契約の審査や締結、係争対応などの知的財産に関する法務面の支援も担っています。
知的財産部が学内研究者や部局、産業界の皆様に信頼され、皆様のご要望に沿うサービスの提供ができるよう、より一層の努力をしていきたいと考えています。

知的財産部長
弁護士 三尾 美枝子

体制

体制

TLOと一体化した運営

知的財産基本取扱フロー

TLOの経験や実績を生かしつつ、知的財産部は管理主体、TLOは運用主体の分担で一体となった運営を行います。

TLOの業務分担

承継判定に関する助言業務:
東京大学TLO(CASTI)に一本化します。
上記以外の知的財産の取扱い業務およびライセンス活動:
東京大学TLO、生産技術研究奨励会ほかが実施します。