発明の提出手続き

本学の教職員等が行った発明等については大学への届出が必要です。
「発明等の届出書(発明届)」を作成し、提出してください。
発明届提出後の流れは、以下のとおりとなります。
 
特許出願までの流れ

知的財産の取扱いの詳細に関してはこちらをご覧ください。
代表届出者は、発明届を提出する前に、こちらをご確認ください。

<発明等届出管理システム停止のお知らせ>
****************************************************************************
サーバー移行のため、以下日程で発明等届出管理システムがご利用いただけなくなります。

 8月18日(木) 終日

ご迷惑をおかけして恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。
****************************************************************************

※発明等届出管理システムの定期メンテナンス実施について
 毎月第2日曜日0:00~8:00は定期メンテナンスのため発明等届出管理システム を利用できません。
 ご不便をおかけ致しますが、ご了承くださいますようお願い致します。

提出方法(発明者用)

発明等届出管理システムを利用して発明届を提出してください。
 

1.様式1「発明等の届出書」をダウンロードして作成してください。

2.代表届出者の所属部局の提出フォームへアクセスし、必要項目を入力の上、
 発明届を添付して提出してください。
 
 各部局の提出フォームURL一覧はこちら
 提出前に、発明等届出管理システム発明者向け操作マニュアルをご確認ください。
 

3.発明届の提出が完了すると、発明等の届出書提出受付通知メールが自動配信されます。
 その後、職務関連発明判定終了時、産学協創推進本部受理時、
 承継判定終了時にも同様に自動配信メールでお知らせします。

※添付ファイル(発明届、その他参考資料)はそれぞれ5MBまで添付できます。
  ファイルの容量が5MBを超える場合は、所属部局の担当部署へ別途資料を提出してください。

※発明等届出管理システムを利用して発明届を提出することができない場合は、
 様式1「発明等の届出書」をダウンロードして作成し、
 所属部局の担当部署へ提出してください。

※著作物等の届出書については、発明等届出管理システムを利用して提出することはできません。
 所属部局の担当部署へ提出してください。

※提出を終えた発明届をシステムで管理することはできません。
 必要に応じて、各発明者にてデータの保存をお願い致します

部局知的財産室における判定方法等(部局事務担当者用)

1.発明届が提出されると発明等の届出書提出通知メールが自動配信されますので、
 発明等届出管理システムにログインし、発明等届出管理システム部局向け操作マニュアルに従って
 職務関連発明判定を行ってください。

 発明等届出管理システムログインページはこちら
  

2.産学協創推進本部による発明届受理及び承継判定後、承継判定結果通知等の書類が
 発明等届出管理システム上で部局事務担当者宛に送付されます。
 書類が送付されると通知メールが配信されますので、発明等届出管理システムに
 ログインして書類をダウンロードの上、発明者宛の文書については発明者へお渡しください。

※発明者より、発明等届出管理システムを利用せずに紙媒体等で発明届が提出された場合は、
 提出フォームより代理提出の上、職務関連発明判定を行ってください。

※共同研究契約書、委託研究契約書等の発明に関わる契約書がある場合は、
 発明届詳細画面で職務関連発明判定結果等を入力する際に、
 添付ファイル②その他参考資料欄にアップロードしてください。

※提出フォームの添付ファイル①②欄の容量制限はそれぞれ5MBとなっていますが、
 部局担当者が利用するkintoneでは最大1GBまで添付できます。
 発明者が提出するファイルの容量が5MBを超える場合は、部局担当者宛に別途資料を
 提出していただき、kintoneより資料を添付ファイル欄へアップロードしてください。