イノベーション推進部

「イノベーション推進部」が目指すもの

東京大学 産学連携研究推進部長 各務 茂夫

 「イノベーション推進部」は、全学的本部組織として、大学研究者や学生の研究成果やアイデアをベースに、イノベーション(社会を変えるような画期的な製品・サービス)創出実現の支援を行います。
イノベーション推進部には、2つの大きなミッションがあります。
一つは、産業界との「協創」を通して、その成果をイノベーションに結実させることです。本学の総合力を生かした複数部局にまたがるような共同研究プロジェクト等を組織間連携のスキームを用いて創出します。
そのために、主として下記の取り組みを行ってまいります。

  • 研究者探索を通して着想段階から産学で討議を進めることによる「成果の見える共同研究」を創出
  • する事前計画・フィージビリティースキーム(「Proprius21プラス」、「Proprius21」等)の推進
  • 海外企業との共同研究など国際的な産学連携を創出する「Global Proprius21」プログラムの推進
  • 「UCR(産学連携)プロポーザル」など産学連携を希望する学内研究者の研究シーズの学外への情報発信
  • 特定のテーマの下で出会い、産業界と学内研究者とのパートナーシップを模索するきっかけとなる「科学技術交流フォーラム」「科学技術交流サロン」等のプログラムの立案・運営
  • 複数の企業と複数の学内研究者が集い産学連携の可能性を探索するコンソーシアム等の立案・運営
  • 産学双方向の情報発信機能を持つ東京大学産学連携協議会の事務局運営
  • 地方自治体等からの研修生の受け入れを行う「テクノロジー・リエゾン・フェロー(TLF)」制度の推進

 イノベーション推進部のもう一つの重要なミッションは、東京大学の起業・大学発ベンチャー支援を行うことです。東京大学にはいくつかの特徴があります。
2004年4月の国立大学法人化と同時に、東京大学独自のベンチャーキャピタル・ファンド運営会社として株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)が設立され、UTECは資金的・人的側面からベンチャー企業をサポートしています。
2016年1月には本学100%子会社の投資会社として東京大学協創プラットフォーム開発株式会社が設立されました。
当部は両社と戦略的、機動的に連携しながら、起業・大学発ベンチャー支援を推進してまいります。

また、ベンチャー企業のインキュベーション事業にも取り組みます。産学連携プラザの隣接地に「東京大学アントレプレナープラザ」を2007年6月にオープンし、また駒場キャンパスにおいてもインキュベーションルームを運営してまいりましたが、2011年度からは、アントレプレナープラザ内において、起業計画中または起業直後の起業家を対象とした、共用インキュベーション室も開設しました。
大学発ベンチャーの増大とともに、インキュベーション事業の拡充にも取り組みます。

さらに、当部はアントレプレナーシップ(学生起業)教育にも力を入れています。学生起業家育成教育プログラム「東京大学アントレプレナー道場」は、今年度は13期目を迎えますほか、大学院工学系研究科、工学部においても部局と連携する形でアントレプレナーシップ教育に取り組んでいます。
2016年夏からは「本郷テックガレージ」というプログラムを新たに開設しました。
学生のハードウェア、ソフトウェア開発を支援する環境を整備しました。本年度からは前期学部学生を対象にした駒場キャンパスでのアントレプレナーシップ教育にも取り組みます。
大学内に起業文化・アントレプレナーシップ(起業家精神)を醸成することもまた重要です。
そのために、国内大学のみならず欧米亜の有力な大学とも連携する形で様々なプロジェクトに取り組み、その成果について、学内・学外に広く情報発信していくことが産学協創推進本部イノベーション推進部の使命であると考えています。

今後とも、大学のオリジナルな研究成果や学生の斬新なアイデアがイノベーションに結実するよう、様々な角度から積極的に取り組んでまいります。引き続きご指導、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

 

イノベーション推進部長 各務 茂夫

 

スタッフ(五十音順)

2016年4月1日時点

各務 茂夫
(イノベーション推進部長 教授)
明谷 早映子
(特任研究員)
阿部 祐子
(Proprius21プログラムオフィサー)
馬田 隆明
(特任研究員)
岡本 明彦
(Proprius21プログラムオフィサー)
加藤 晴洋
(特任研究員)
菅原 岳人
(助教)
東條 英明
(特任専門員)
長谷川 克也
(特任教授)
宮本 みちる
(特任研究員)
宮脇 守
(特任研究員)
李 旻
(特任研究員)