シンポジウム「Together for the Future ドイツ企業と考える日本の化学業界の未来」

          

東京大学産学協創推進本部東京とドイツの化学会社「エボニック インダストリーズ」は、最先端の材料技術開発をめざした共同研究や研究開発人材の育成・交流をグローバルな視点で行うことを目的として2014年4月Global Proprius21「ストラテジック パートナーシップ」を締結しました。
エボニックは、いち早く“シナリオ・プランニング”の重要性に着目し、2011年に専門部署「コーポレートフォーサイト」を立ち上げ、イノベーション活動や事業戦略策定にあたりシナリオ・プランニングを活用しています。単一の未来予測ではなく、不確実性を前提に複数の起こりうる可能性のある未来を描くシナリオ・プランニングは、事業環境の変化の激しい近年、企業や行政も注目しています。その結果、エボニックの先進的なビジネスアプローチはヨーロッパでも広く認知されるようになりました。
この度、東京大学とエボニックは共同で「日本の化学業界の未来」をテーマにこの手法を用いたワークショップを東京とドイツで開催しました。
シンポジウムでは、ワークショップを通じて得られた日本の化学業界の未来像を最新のシナリオ・プランニングのメソッドとともに紹介し、日本の産業界からのパネラーとともにディスカッションを行います。
 

開催概要 PDF

主 催: 東京大学産学協創推進本部
協   賛:エボニック インダストリーズAG
日 時:2019年4月11日(木)14:00~17:00
会 場: 東京大学山上会館(東京都文京区本郷7-3-1、東京大学本郷キャンパス内)
定 員: 120名(事前申込み制 )     申込締切:4月8日(月)
料 金: 無料
使用言語: 英語(通訳はありません)

 

プログラム

14:00-14:15 基調講演(I)
「ドイツ企業エボニックのオープンイノベーションとは」
Evonik Industries AG Chief Innovation Officer Dr. Ulrich Küsthardt
14:15-14:30
 
基調講演(II)
「東京大学とエボニックの産学連携の取り組みについて」
東京大学教授 産学協創推進本部 イノベーション推進部長 各務茂夫
14:30-15:30 シナリオプランニングの手法とワークショップからのインサイト
Evonik Industries AG Head of Corporate Foresight Dr. Robert Stade
<休憩15分>
15:45-16:45 パネルディスカッション「日本の化学業界の未来に向けて」
16:45-17:00 クロージングスピーチ
※本プログラムの言語はすべて英語です。

 

スピーカー等紹介

Dr. Ulich Kuesthard
CIO (Chief Innovation Officer), Evonik Industries AG

フランクフルト・アム・マインのJohann Wolfgang Goethe大学卒業(化学専攻)、ミュンヘン工科大学で化学の博士号を取得。 1987年から1993年までバイオ無機化学(アリゾナ、ミュンヘン、スタンフォード)の助教授を務める。
2001年エボニック・デグサ(エボニックの前身)アエロジル&シラン部門(フランクフルト)のビジネスユニット代表就任。 2008年エボニックのコーティング&添加剤ビジネスユニットの代表を経て、2015年からエボニックインダストリーズAGのチーフイノベーションオフィサーを務める。
 

Dr. Robert Stade
Head of Corporate Foresight, Evonik Industries AG

University of Oldenburgにて有機化学の修士号、ムルハイムにあるマックスプランク石炭研究所で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー(ドュッセルドルフ)で化学会社のコンサルタントを担当し、その後、エボニックへ参加。2016年からエボニック コーポレートフォーサイトチームの責任者を務める。 
 

エボニック コーポレートフォーサイトチームについて

コーポレートフォーサイトチームは、エボニックの戦略的イノベーションユニット「クレアビス」の部門で、化学、戦略コンサルティング、未来学、経済学、文化人類学、サステナビリティ、ジャーナリズムと様々なバックグラウンドをもつメンバーから構成されます。エボニックの新たな成長分野を特定し、将来の戦略的課題に取り組むため、コーポレートフォーサイトチームは、投資、技術開発、または規制の変更などの指標をもとに、起こりうる将来のシナリオをシナリオ・プランニングの手法やSTEEP分析を用い示します。
https://www.creavis.com/sites/creavis/en/corporate-foresight/ (英文サイト)
 

エボニック インダストリーズについて

エボニックはスペシャルティケミカルの世界的リーダーの1つです。専門性の高いビジネス、顧客中心の革新的な技術力、信頼できるパフォーマンス志向の企業文化は、エボニックの企業戦略の根幹であり、収益性の高い成長と持続的な企業価値向上に貢献します。エボニックが優位性を誇るマーケットから企業利益の多くはもたらされています。
100カ国以上で事業を展開し、2017年度は36,000人以上の従業員を有し、総売上高は144億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は23億6000万ユーロを計上しました。
https://corporate.evonik.com/en/ (英文サイト)

 

 

お問合せ 

東京大学産学協創推進本部 イノベーション推進部 担当事務局
evonik_20190411@ducr.u-tokyo.ac.jp