産学共同研究の推進

産学協創推進本部においては、共同研究や受託研究をはじめ、東京大学における産学間での研究活動をさまざまな側面から支援しております。その範囲は、実際に研究活動を開始する際に必要となる契約内容の審査から、共同研究創出に向けた最適なテーマ・パートナー探索、新たな産学連携研究領域の探索、産学間でのネットワーキングに及びます。

共同研究・受託研究の開始

民間等との連携を通じて優れた研究成果を創出し、得られた研究成果を社会に還元するため、共同研究・受託研究を積極的に推進します。産学協創推進本部では、共同研究・受託研究合わせて年間2500件に迫る中、迅速な契約締結のための支援を行っています。

Proprius 21 Plus - テーラーメイド型の産学双方向の組織連携コーディネーション 

産学協創推進本部では、企業様のご要望に応じた最適な共同研究パートナーとのマッチングを実現するため、テーラーメイド型の産学双方向の連携コーディネーション機能を提供しております。新技術発掘(シーズ探索)から実用化開発及び事業化に至るまで事業戦略に適合した様々なフェーズで厳選した有望シーズをご紹介します。企業様のご要望を踏まえ、双方が合意できる共同研究計画を策定し、多様なニーズに応えるテーラーメイド型の連携を実現しております。

産学連携プロポーザル

東京大学産学連携プロポーザル(通称:UCRプロポーザル)は、学内研究者からの連携研究テーマの提案です。多様な連携の創出に向けて、学内に蓄積された研究シーズを広く社会に発信することを目的としています。現在、同種のデータベースとしては国内最大規模の提案約1600件を収録し、web上で公開しています。キーワードや研究者名で検索し、お問い合わせを送信頂くことが可能です。本学との連携検討の際には是非ご活用下さい!

コンソーシアム・サロン

産学連携を企画する前の段階のプラザ活動の一種として、複数の企業が関心を持つ、もしくは複数の企業参加を得るのが適切な大きな課題や概念について産と学が討議を重ね、具体的な個別課題に絞り込むスキームを準備しています。このステップを経て、最終的に共同研究、プロジェクト提案、国家プロジェクトへの応募や政策提言などの創出を期待しています。

科学技術交流フォーラム

科学技術交流フォーラムは、本フォーラムが産学連携の契機になり、 近未来の社会・経済にとって「解を出すべき技術課題」に対して、 専門分野・産業界を横断したチームが形成され、産学連携活動を企画 ・実行し、その課題解決が図られることを目指しています。

COIプログラム活動支援

センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムとは、10年後の目指すべき社会像を見据えたビジョン主導型のチャレンジング・ハイリスクな研究開発を最長で9年度支援するプログラムです。

東京大学のテクノロジー・リエゾン・フェロー研修制度は、自治体等公的機関の職員を対象とした、産学官連携推進のための専門家育成プログラムです。豊富な 実績を持つ東京大学教員や各分野の第一線で活躍する外部講師による講義のほか、共同研究創出の実行や教員への研究内容インタビューを通じた連携提案テーマ の発掘、などのオン・ザ・ジョブ・トレーニングによる教育を行っています。

東京大学産学連携協議会

東京大学産学連携協議会は、会員として加盟した会員間の交流を深めると同時に産業界と東京大学との密接な意見交換を可能とする、産学連携推進の双方向性ネットワーキングのためのプラットフォームです。

Boeing Higher Education Program

産学協創推進本部では、産学連携関係を通じた人材育成にも様々関与しています。東京大学では2012年から米国Boeing社からHigher Education Programの助成を受け、産学協創推進本部が窓口となってその活動支援を行なっています。

本助成の下、2012年~2013年は、工学系において以下の活動を予定しています。

  • プロジェクト・ベースト・ラーニング
  • 体験学習
  • 中高生向けアウトリーチ活動

[日本語] 東京大学がBoeing Higher Education Programに参加 | 東京大学工学系研究科
[English] School of Engineering: Boeing Higher Education Program
ボーイング社大学連携のページ(University Relations、英語)