アントレプレナーシップ教育/プロジェクト支援

アントレプレナーシップ教育/プロジェクト支援

産学協創推進本部では、本学の学生・ポスドク・研究者を対象とした起業やスタートアップ(ベンチャー)に関する講義・講座を提供しております。また、初期のスタートアップや将来スタートアップになるかも知れない学生の開発プロジェクトへの支援、卒業生も対象とした超初期の起業家に対する支援も行っております。各プログラムの詳細はタイトルクリックで各ページをご確認ください。
また、産学協創推進本部以外で実施されているプログラムについては、東京大学におけるアントレプレナーシップ教育に関する講座情報のページをご参照下さい。

 

東京大学アントレプレナー道場

 東京大学アントレプレナー道場とは、起業やスタートアップ(ベンチャー)について初歩から体系的に学ぶ一連のプログラムです。工学部共通科目「アントレプレナーシップI(S1)、II(S2)」と「アントレプレナーシップ・チャレンジ(ビジネスアイデア・コンテスト)」により構成されており、どのターム(および各タームの途中)からでも参加可能です。また工学部以外の他学部や大学院からも受講可能なほか、単位不要者はweb登録のみ(履修届不要)で参加可能です。単位取得希望者はweb登録に加えてUTASから履修登録も行ってください。(下記「アントレプレナーシップI、II」(工学部共通科目)参照)

 

「アントレプレナーシップI、II」(工学部共通科目)

 アントレプレナー道場は、単位不要者は本サイトのweb登録のみで参加可能なプログラムですが、工学部共通科目「アントレプレナーシップI、II」(それぞれS1、S2ターム科目)として開講しているため受講による単位取得が可能です。また後期教養授業科目および大学院科目としても開講しているため、工学部以外の他学部および大学院生も受講・単位取得が可能です。授業カタログや履修方法は『東京大学アントレプレナー道場』ページをご確認ください。

 

アイデアを形にするモノづくり体験~ロボットから家電まで~(ものゼミ)

 ものゼミは、モノづくりやプログラミングに興味はあるけれど、どこから手をつけていいか分からない、もしくは、初学者から中級者へのステップアップを目指したいと思っている人が、コンセプト立案から、モノづくり、そしてプレゼンテーションまでを一気に体験することができる授業です。工学部電子情報工学科 川原圭博教授が担当する全学体験ゼミナール「アイデアを形にするモノづくり体験~ロボットから家電まで~(ものゼミ)」として開講され、産学協創推進本部が共催しています。

 

東京大学 EDGE NEXTプログラム

 EDGE-NEXTプログラムは、東京大学、筑波大学、静岡大学、お茶の水女子大学の学部生、大学院生、ポスドク等の研究者、研究所の研究員、事業プロデューサーおよび企業研究開発者、事業開発者を対象として、課題を多様な経験を持つメンバーがチームを作り、自らの研究成果を基に事業化構想を練り上げるプログラムです。数回にわたる集中勉強会と国内外の専門家によるメンタリングを通じて、事業構想を作りその価値を海外の投資家の前で発表し確認します。更に、有望な構想を作り上げ事業化へ意欲のある方へは、投資案件に繋がるレベルまで育成かつ支援を行います。是非、「自分の研究成果で世の中を変えたい」という皆様、参加をお待ちしております。
 
 

スタートアップ・エコシステム形成支援事業GTIEプログラム

  GTIE(Greater Tokyo Innovation Ecosystem)は、世界を変える大学発スタートアップを育てるために、起業活動支援、アントレプレナーシップ人材の育成、起業環境の整備、エコシステム形成の4つの活動を、東京大学、早稲田大学、東京工業大学が共同主幹機関として実施するプログラムです。
その中で、東大GTIEプログラムは、大学や研究所の研究者、企業の研究開発者および事業開発者向けに、研究成果(持ち前の技術)を基にした事業化検討活動を実施します。 

 

東京大学本郷テックガレージ(大和証券グループ寄附プロジェクト)

 本郷テックガレージは、東京大学の学生がサイドプロジェクトを行うための秘密基地です。学生の技術系プロジェクトの応募を受け付けており、採択されたプロジェクトにはソフトウエア開発支援(GPU、クラウド環境等)、ハードウエア開発支援(工作機械等)、作業場所および開発費支援などを提供します。本郷テックガレージは、下記のSFPの活動拠点にもなります。

 

Spring Founders Program/Summer Founders Program

 Spring Founders Program/Summer Founders Program(SFP)は、本学の学生を対象とした、長期休みの期間中に実施する技術プロジェクトや製品開発への支援を行うプログラムです。参加者が技術プロジェクトに集中できる環境を提供し、開発速度を上げるためのサポートを行いますので、詳細はプログラムページをご確認ください。

 

100 Program

 100 プログラムは、「何かつくってみたいけど、アイデア・技術・チームの3要素のいずれか(または全て)が無い」という学生を支援するプログラムです。参加者は春・夏休み中の6週間で、アイデアを出し、チームを組んで、100名が100時間のものづくりプロジェクトに取り組みます。技術スキルのある方は歓迎ですが、初心者も参加できます(経験者枠・未経験者枠があります)。つくるものはソフトウェアでもハードウェアでも歓迎です。ウェブやモバイルアプリ、デバイスやロボット、ゲームなど、技術が使われていれば何でも構いません。日本の大学生・大学院生であればどなたでも応募可能です。

 

FoundX

 FoundXは、これからスタートアップを始める東京大学・大学院の卒業生および研究者向けのスタートアップ支援プログラムです。起業に役立つリソースや、事業の成長と起業家としての成長ができる環境を無償で提供し、有利な資金調達ができるようになるまでの道のりをサポートします。

 

Todai To Texas

 Todai To Texas(TTT) は、まだ無名の東京大学関連のスタートアップを、世界有数のイノベーション・カンファレンスであるSouth by Southwest(SXSW; サウス・バイ・サウスウエスト) のExhibition(展示会)に出展して世界デビューを支援することを目的としたプロジェクトです。法人化済みのスタートアップのみならず、本学の在学生・研究者による法人化前のプロジェクトチームや卒業生による起業を前提としたサイドプロジェクトなども応募が可能ですので、ご興味がある方は是非ご参加ください。